スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -| - |
<< 2016コスモル「しらゆき」公演写真2 | トップ | ばいばいなつ。ばい。 >>
まだまだ続くよ報告ばかりね!

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

前回コスモル公演「しらゆき」で楽曲を3曲作ってくれた、ビジュアル系バンドのBlizkrieg大輔くん。
オープニングダンス曲を自分なりにアレンジしていた!

 

作詞が苦手って事で、結局は私が無理やり作詞したが、
実はこういうヴォーカルのイメージだったのね〜!(笑)
全然違う曲みたくてなんか楽しい。

 

途中でバホバホ&ギャー!って歌ってる所が、元HM/HR好きTEENとしてはたまらんポイントでさぁな❤️
現在、次回公演opening曲を作成してくれてやす⭐️

 

https://soundcloud.com/blitzkrieg_blitzkrieg

 

聞いてみてね!

 

ほんで、「しらゆき」の完全版のDVDも届きました。

(私の動きが遅すぎて、スタッフさんらへ迷惑かけまくり。)

 

ちなみに、前回公演の観劇御礼もまだ「するする〜」言っててまだしてない。誰にもしてない。

もう、次のDMメールと混みで送る可能性も大。

そんなクソ人間です。

 

自分でも自分をよく持て余して、「早く死ねばいいのに」と思う。

それをつい友達へ言って、「もう一回それを言ったら本気で怒るよ」と牽制されたりする。

いつまで思春期なのだかね?

こうなるともう死ぬまでかもしれん。

 

バカなんだろうな、きっと。

しかも、根暗よ。

実はね。

 

ほんで、みなさま、9月公演のオーディションご参加を有難うございました!!!

 

最近、若い子に色々と思う所がたくさんあった。

もう息子みたいな年齢の男の子に私は偉そうに言う立場な訳だ、立派な大人として存在せねばならぬ年齢だから。

年齢を重ねるって事は、そういう事だ。

 

私:「う〜ん?君はきっと自分を愛せてないのかもしれんぞ?」

男の子:(はっとした顔・頷く)「はい。どうしてもそうです。」

私:「もっと、自分を愛してあげないとなんだろうね。」

男の子:「はい。・・・どうしたら自分を愛せるようになるのですか?」

 

私は上手く答えられなかった。

真剣な彼の質問にフリーズして、有り体の演劇的な答えをしどろもどろに言いながら、

本当に格好悪い大人だなって自分で自分へ思った。

 

そんな自分。

逆に本当は、私が誰かに聞きたかった。

「どうしたら、自分を愛せるようになるの?」

切実に。

 

私と一緒に探しましょうと、言える強さが、もう欲しいなとか。

モジャモジャ〜と考えたりして。

 

 

そんなこんなで、始まったらしい。

進みましょ。

コスモル作演※石橋和加子な日記 | 02:34 | - | -| - |
スポンサーサイト
- | 02:34 | - | -| - |