<< 凛として具体的 | トップ | 苺タルトは甘い >>
2・14
何はともあれ。
全然嬉しくない誕生部。あ、間違った、誕生日は終了。
バイト先の方々に、ちよこれいとを用意。結構ちゃんとしたモノをチョイス。

「ん?義理ちょこって配った事ないな?」と思ったら、それはそのはず、10年女の職場だったのね〜。
まぁ、なんて出費が。何でバレンタインデーに産まれたの?
男性はとても(ある意味、衝撃的なほど)嬉しそうなのだけが唯一の救いやね。

お誕生プレゼントはこれから女子会祭りアワーで頂くのさ。わっしょい!!!

とりあえず。
ホールケーキはしかりと、家族にやって貰ったよ。
写真などはまた、後ほど。

年齢的に、キリバイ前は全然嬉しくないバースだったんだけど。昔からそうなんだけど。
1.2はいいけど、3・4はキツイ。
5・6はいいけど、8・9はキツイ。

おろそかにしてるFBやら、メールやらで【おめでとう!】って言われると何だか凄く嬉しくなった。
めでたかねぇのに、ありがとよって感じで。

2歳上の姉から電話があり、「今年は全然誕生日が嬉しくなかったんだけど。キリバイだからか?」と聞くと、
姉は大爆笑して、「まぁさ、5になりゃかなりスキっとするもんよ!」と言った。
私は、「じゃしばらくは年齢聞かれたら<みっちゅ>って言っとく。」と言うと、
姉はまた大爆笑してた。
面白いらしい。
姉は私が猛毒を吐くと、すげぇ笑う。
そうすると、私は実は嬉しい。

何だかな。
ま、そんなもんです。

私のバースを祝ってくれてありがとうありがとう。
恐怖日記? | 00:00 | - | -| - |
スポンサーサイト
- | 00:00 | - | -| - |