<< 姉さんが夜なべをして | トップ | 凛として具体的 >>
スローテキーラを心から愛してる
こまめこと、コスモル常連組の長沢女史。
ガッツとパワーと持久力を持ちつつ、私に会いたがってくれる。
「忘年会でも!」「新年会を!」とありつつ、やりとりは流れ流れて、2月なTODAY。

(なんでそんなに私に会いたがってくれる?)
と、思いつつ、待ち合わせ場所へ。

日にちは決めても、(何食べる?)(お店どこにする?)とか事前やりとりがどうも苦手でね。
そういう(楽しみだね〜!どうする〜?)みたいなやりとりが、女子は好きなのよね。
女は確認好きって?(弟談)

相手が誰であれ、チャットという行為がどうも、束縛に思えてしまう。
前日に考えればいいじゃんさ〜。と思う。

こまめは前日夜に「明日どうしますか?」とメールくれて、
私は「●時に××前でよろ」と返信した。「了解」と来る。
それ以上に確認することはないです!

私はちゃんと、地元で人と会うときはどの店に行って押さえで2件。河岸変えて、2件。は考えている。つの!

こまめは、待ち合わせ場所で、
とても可愛らしく、照れながらくるくると笑った。
私:「こまめ、久し振り。お元気そうね?」
というと、
こまめ:「はい。。。元気です。。。」
と小さな花がほころぶみたいに、恥かしそうに下を向いてキラキラと笑った。

いいお顔。
それで、私に会いたがる理由が一度によくわかりました。
私も、心がほころんだ。


博多もつ鍋へ、行きました。
私が食べたかったのです。(もち、こまめの趣向は察知済み。)
寒くて、とっても美味かった♪

二件目、いつものBARが改装中で、別の適当なBARへ。
スローテキーラを頼む。
私は、スローテキーラを心から愛している。
スローテキーラが出来ないBARはなまら、ただのクソBARだと思っている。
「キュウリがないけど!」って言われたけど、「いいっす!」って出してもらった。美味かった〜!

ヒトツ、ススム。
LOVE ALL SAVE ALL | 00:00 | - | -| - |
スポンサーサイト
- | 00:00 | - | -| - |