スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -| - |
撮り溜めお写真Collection?
おばんでございまっしゃ。
最近は、過労なのか、何なのか、週一で微熱を出しています。

市販の薬は効くし、寝て休んで汗かけば下がる。
今はやりのインフル(香港B型)は7度8度を行ったり来たりと、経験者に聞きまして、
私もそうだったのか?または、これもそうか?
と思いつつ、
もうその全てを無視しようと思っている、そんな石橋です!

ではでは。去年末からの写真をお届け。
ほとんど、グダグダだけど。
私がもしも、creatorの欠片だとしたらば、
こういう日常時間が一番力になるのだが。

***

⚫︎のれん

バイト先で出口から人が入って来るので、暖簾を作ってみました。
効果はあるのかないのか、よくわかんないけど。

⚫︎姉

姉が嬉しげに毛染めをしています。
私はいつも美容院でしかやらないので、面白かった。

⚫︎wakkoず、ハッピーバースディ!

2/14、当日からほぼ具合が悪化した。
母も緊急手術の翌日で、グッタリしてたし、私もグッタリしてた。
父の超音痴のbirthdaysongを聞くのが大好きだ。その為だけにホールケーキをやる。もう、1年分は大笑いしました。
この後1•2日は寝込んだ。でもTOPSのチョコケーキの端っこはしかと頂きました🎶

⚫︎ラー博

実は観光地なので、連れて行ったら意外にもとても喜んでくれた!
ボンボンアイスを食べています。
「To be smallsize ,this ice cream is splash! Be careful!」
二人は英語発音を教えてくれました。

日本通のTonyは初ラ博だったんだよね。

yankee風に。
こちらは悪い日本語を教えてしまっているが。

⚫︎Tony&me

これは別の時に、私の携帯で撮った。
駅のホームで。

⚫︎2015年末ですよ。

Davidと初めて会った時。@塚田農場。なんて紳士的なのかと感動してしまった。
DavidはCanadaのNativeなんだけど、頑張ったら凄い通じて嬉しかった〜〜〜!!
一生懸命話そうとすれば絶対通じるって、基本的なことを学んだのは、海外一人旅からだったなぁ。


こまめが誘ってくれたユーキさんとの女子会だったが、すっかりグローバル会になってました!
シャイな日本女子に、Davidはさらっと自分から話しかけてくれるの。ほんと、そういう成熟した大人さが素敵で。
でも私より5・6歳は下。「その服は素敵だね。」って普通に言ってくれるの。すげぇよな。

⚫︎犬3匹、襲来す。

姉が散歩に行ってきた。
右から
バカ息子:タロー
父:ニコ
母:カナ
でした。

⚫︎小松菜の煮浸し

いま、煮物がすっかり得意になってしまいました。
カボチャも上手に炊けまっせ。

⚫︎David

madam風にキメてくれています。(トニのメガネにて)

私は、ものすごい片言の語彙なのに、本当に一生懸命に聞いてくれて理解してくれて、会話英語力に微弱な自信をつけさせてもろた!
酔っ払うと、語彙がメキメキ出てきて英語喋りやすいんだよね。(笑)よくぞそんな単語覚えてたなって思うもん。
tonyにも「ワッコさんすごいです!!」って通じすぎてて、驚かれたもんっ!!!
洋楽好きもあったかもな〜!!!

うちは昔から韓国やタイの人が客人で来てたから、外国人慣れはしているんだけど、
やっぱり、会話は語彙なんだ!!!!と思った。

conversation is  vocabulary!!!!!!
 
石橋個人写真館 | 00:00 | - | -| - |
バルーンARTのSyanさん写真
20年来の友達ぼんさんと飲む。

彼女はすっかり小6の娘のママ。
色んな話をした。
本当に、何でもかんでも話せる友達は大切だと実感する。

娘が飼っているうさぎをどうしても苛めて遊んでしまう事に、心を痛めていたので、相談に乗る。
私は、「私も中1でワガママ言って、飼ったセキセイインコをね・・・」と泣く。
「今でも、本当に不安な時の夢に出てくるの。忘れられない。」
思い出すだけで泣いてしまう。

自分が出会った、初めての「死」。

結構、久し振りに泣いたかもしれない。
ぼんさんは、泣きそうな顔で私を見ていた。

そして、手を出して、
「私も同じだよ〜。私はもっと大人で、十姉妹をね・・・」と泣いた。

おばちゃん二人で、
手を取り合って、
さめざめと泣いてしまった。

娘には、絶対に、こんな想いをさせないように頑張ろうと。
ナンだか私も母でもないのに、真剣になった。
母の愛。


**

生き物を大切だと、私はいつ学んだのか?
いつ弱いものを大切にしようと、知ったのか?

でも、そこにはいつも犠牲となる存在があったのだろうか?

育てると思って買った、植物を枯らしてしまったり、
命と、人間の心は、いつも密接に関わっている。

生命。
つまりは、私たちは、地球を媒介とした、生命共同体である。

それだけなのに。
全然上手く行かない。

++++++++

バルーンアートがすごい!@Syanさん(スペルあってるのかな?)


ハンサムで、繊細そうで、魅せ方が素晴らしい。
ファンもたくさんいらしてました!
大道芸ってこんなに進化している。


実は私の大好きな、ハクトウワシ。
ゴールデンレトリバーとハクトウワシは、本当にフォルムも存在感も完璧だと思っている。



これ、バルーンアートですよ?
青龍。

すごいっす!!!
石橋個人写真館 | 00:00 | - | -| - |
新横浜の桜
コンクリートジャングルの東京よりも、少し遅れて桜の見頃が訪れる。
それが、横浜です。

ファッションも、インフルエンザも、全部少し遅れて来る。
でも、そのくらいが丁度いい。

予測も出来て、予防も出来るしね。
それが、濱っ子です。

この日、新横浜の桜はこんな感じでした。

まだ、つぼみが下の方に沢山ある。
ほころんだばかりの、花の色見もまっ白い。
(日がたつと、色が塩漬けみたく濃くなるやん?)

花見の人が沢山無理矢理いた。
私には、無理矢理に見えた。



目の前に大きな病院があるのだが、そこの患者さんなのか?

車椅子の老人が4人くらい、介護の人に付き添われていた。
小奇麗な格好をした、介護のオバサンと一瞬目が合う。

オバサンは「あぁ、いやね!この時期は虫が増えて!ほら虫が沢山、ねぇみて!」とすごく大きな声で何度もわめく。
私は(あなた自意識が強いなら、そういう別の仕事を選びなさいよ?)と、うんざりした。

車椅子のお婆さんは、ぼぉっととてもいいお顔で、桜を眺めていた。
沢山、想い出があるんだろうね。




NEWSを見ると、<桜が散る散る>と天気予報で告げている。
人間には予測が出来ないコトを、商売にしてる。
どうでもいいことを。

樹を見ればわかるんだけど。

私は、この状態の桜は、
成人式の晴れ着の首もとの白いマフマフみたいで、好かん。
何て誇らしげなことよ。
けっ。

偏屈でクソジジィな私は、ここからの桜が好きなのだ。
花に嵐。

盛大に咲いて、散るから、桜はいい。
石橋個人写真館 | 00:00 | - | -| - |
苺タルトは甘い
バースイベントのメインはホールケーキであろう。

しかし、甘すぎた。
でも苺の美味さがノスタルジー。

バースソングも醍醐味。
歌い手が音痴だと、本当に愉快なものです。

私のバースをすっかり忘れていた弟君に、「お詫びになんかくれコノヤロー。」と言ったら、
帰国の際に、今をときめくブランドのポーチを買って来てくれました。
「わっこ姉ちゃんっぽい柄だから。」
化粧ポーチは消耗品だから、いくつあっても嬉しす♪

バース会
こどもの国 @横浜市青葉区、へ行きました。
私、多分行くの初めてなんす。広かった〜!一山丸ごと広かった〜!
ちょっとこの施設を舐めてた。
もっと早く起きて、行けば良かったなと。まさかの4:30閉園だとは・・・。

入口の、お絵描き広場にて。

すごい広範囲でチョークで落書きしていいんだよ!
あゆが持ってきてくれたチョークで、どらえもんを描く私。
見つめるあゆ。
小さいあゆの下にたまたま「巨人」と書かれている。
ウケタ〜。

最近、写真撮影離れしてて、まぁ、投稿離れなんだろけど。
記録を写真で撮りたくなくなってた。
つまりは、私の中で写真が記録に落ちぶれたてたから。単純に芸術を汚すような気がして控えていた。
難しくて申し訳ないんですが、芸術家ってそういうモンなんで。

この上の写真はあゆママのK谷がホントに知らない間に撮ってた。
何だか見たら、
この世には私の知らない事ばかりなんだな、と気付いた。
胸が透くような。

最初、あゆは人見知りして恥かしがってて、そのお詫びにチョークを沢山私に運んでくれた。
私は「ありがとう」と言って「どらえもん書いてあげんね。ま〜るかいてチョン!・・・」って描いた。
そんときの写真。
やっぱ写真は、嘘を付かない。
凄いよ。


後ろにあるのは配ったチョコ。味見で買いました。
バース月間はまだ続く。。。
石橋個人写真館 | 00:00 | - | -| - |
あゆとアタイ
△辰童世辰討襪韻鼻▲轡蝓璽困發里任呂△蠅泙擦鵝すみません。
今回の「あゆ」は、私の姉です。オホホ。

年末年始に、石垣島から帰省しまして、ワイワイ過ごしておりました。
初売りバーゲンの、売り尽くし時期に、ショッピングへ行って参りました!!!(て。言うほどの事ではないけど。)
***

ほぼ、私と姉は、顔や性格や血液型も趣味もオトコの趣味も、全て正反対な姉妹である。
同じ両親から産まれたとは思えない。

同じショッピングモールの、同じ店で、同じ時間を過ごした、私と姉。
選ぶものが、あまりにも、違いすぎるのです〜!!!
それをただ、紹介したかった。
そして、母もオオウケしていた。

それだけのブログなのです!
ではスタート。
***

姉(A型)が買った洋服ら。
左から、白・紺・青・黒・灰・肌色、のシンプルでほぼ全て無地。
ちなみに今年のテーマはマリンらしい。

妹(B型)が買った洋服ら。
左から、カニ・セミ・鶴・鶴・フラミンゴ・赤・キュービック・キュービック・ペイズリーで全て柄物。
ちなみに今年のテーマなど一切ありません。

↓これです。
フィーリングと素材の強さで選んでいます。(←素材の強さには五月蝿い私)

厚手で洗濯に強そうなものが多し。

私も驚いたけど、
何で同じ店で同時間なのに、こんなに違うのだろう!!!!
しかも、姉が悩んだ時は私がアドバイスしてるし!!!
私が悩んだ時も、姉に聞いてるし!!!
接点、ないじゃん!!!(笑)

ちなみに、ファストファッションまくりです。
H&Mと、ZARAの二軒だよ。

あゆこの「A」とわかこの「W」のセーターを発見!
姉が着ないというので、私が姉にプレゼントしました。

無意味に白髪のヅラ姉妹です。
こんな老後を姉妹イメージしてみました。
いい笑顔だね。


そして、私と柄物。
全部が柄物なので、逆に洗濯は一度で済みます。

ふ〜。久々に冬物を買った。
訳でした。
石橋個人写真館 | 00:00 | - | -| - |
あゆとアタイ
あゆはもう2歳になった。K谷の娘である。
不思議なんだけど、私は、友達の子供に会うと心ががしがしと、ブラッシュアップされる。
現代社会に於いて、
希望が具体的に見える人間は、子供だけじゃないかな?

すみません。
わかる人にはわかるだろうけど、私は「みえる人」らしい。凄くよく言われる。
ちなみに、普通に観察力が鋭いだけなのだけど。
そういう事で、よく怖がられたりしていた。

子供は、余計なしがらみがないから、私は心から楽なのだ。

ちょっと恥かしがるあゆ。
でも、私のピースの手を真似しようとしている。

ちなみに私が両手に持ってるのは、K谷がくれたサプライズ・プレゼント。
わっこさんっぽい、レギンス二枚です。

可愛いから、ちゅーするぞ。ってシーン。もぐもぐ。

ボディタッチが即効薬なの赤ちゃんて。凄いよね!

もぐもぐ。食べちゃうぞ〜。

アナタを好きだと、全身で伝えられるのは、本当に幸せなこと。
あゆは、前日に「わっこちゃん」ってママと練習してくれて、小さな声でフェイントで別の事をしながら、ふと呼んでくれた。
私はすぐに気付いて「今、わっこちゃんって呼んでくれたの?」と泣いてしまった。
感動する。

一緒に笑うのが、楽しい。

ホントはお昼寝してないのに、一緒に付き合ってくれたのね。

仲良しになったよ♪

この後、ベビーカーに乗ったあゆはすぐ眠った。お顔を見たら、とても深く眠っていた。
車出してたら、自宅まで送れたのに。。。

もっと産まれたばかりの時、お風呂あがりに小さな体を拭いて、産着を着せたり泣かれたりしてて、
もうあんなに早く走れるなんて、こっちがめちゃめちゃ泣けるわ。

子供は凄い。
神でしょ。
石橋個人写真館 | 00:00 | - | -| - |
シャロンの花イェスよ わがこころに咲きたまえ
小中高を過ごした母校の、同窓会クリスマス礼拝へ。
行くのは、卒業来で、二度目でした。

小学校から一緒の、Oが誘ってくれまして。
12年の教育の賜物か、クリスマスには毎年毎年、賛美歌を物凄く歌いたくなる。
不思議なものだ。

<愛校心>というバロメーターで量れば、全然足りないけど。でも、この学校で学んだからこそ持っている部分は、今は宝になった。
文章を書くのが得意なこと
聖書の教えで人を許したり見れたり出来ること
楽譜を少しは読めて歌えること
水泳はバタフライまで出来ること
英語の発音にはかなり気を付けていること

子供がいる同級生らと、<私立的な宗教教育は子供にとって必要か、否か?>という話によくなる。
意見はいつも二分する。
私立でもクソ学校はいくらでもあるもんね。どことは言わないけど。(笑)

教習所と同じかなと。
教習所って、自分が通った所しか誰も知らない。薦めるとか薦めないとか、結局は「お前そこしか知らないじゃん」て話で。
学校も私は次女なので、姉にならえ!って、かなり楽してました。(笑)

さておき。
***

★新校舎には馴染みはないけど、黒澤(奥)先生がいました。

<遅刻した生徒は、事務所に必ず知らせましょう>と貼紙がしてあって、
遅刻魔だった私は、「え?!知らぬ間に授業に混ざっちゃダメなの?」と衝撃だった。

★入口では在校生の弦楽部が演奏中。

制服はダサくて有名な学校でしたが、私は着易くて好きだった。
セミタイトスカートをタイトスカートに細く加工したりして、常にこっそりと校則違反していたので、
実は裁縫はとっても得意です。

★ステンドグラス(チャペル前)

イエスさまが十字架を負って、処刑されるシーン。
ミッション系私立なのに、ここを選ぶってセンスがやっぱコアだよな〜!

★カンバース・メモリアル・チャペル

やばい!チャペルそのまんますぎ!
この、上の照明もそのまんま!
礼拝中に地震があると、この電灯がグラグラ揺れて怖かったなぁ。

★我が校、自慢のパイプオルガン。

うちらが高1・2の時に完成した。
ドイツからイケメン職人のマルクースさんが来て、一緒に写真撮ったりして。
女子校は楽しいっすよ〜♪

★ハレルヤ!

クリスマスに最も歌いたいのは、「聖らに星すむ今宵」と「ハレルヤ」である♪
在学中は何度も合唱して、何度も感動して泣きました。盛り上がりのメロディが半端なくいいんです。
私、メゾソプラノかアルトか忘れた。
漂いながら、わかる所だけ、めちゃオペラティック爆音で歌った。(ストレス解消含む)
隣の子供が、ギョっとして私を何度も見てた。
(見ろ!ガキ!今のアタシはルチアーノ・パバロッティだぜ!!!)

これほどの感動を与える曲を、他に知らない。うん。
小学校から、合唱団だったんだ。

★Oと!

弦楽部で、同窓会クリスマス礼拝にも何度か参加していたO。
懐かしい後輩とも久々に会えて、とても嬉しそうでした。

★懐かしシーン

アドベント(待降節)の蝋燭5本。
カンバース先生の銅版レリーフ。
そして、私はツボでした・・・この右側の、木の椅子!!!!
小学校の時に、一度だけ座った記憶があります。

★ページェントの記念撮影

亡くなられる前は、舞踏家の巨匠である大野一雄先生(我が校の元体育教師なのです!)が、
いつもページェント(=キリスト降誕劇・昔は読み書き知らぬ民の為に演劇で伝えられた)で舞ってくれていた。
舞踏が、今好きなのはその影響で。
芝居を、今しているのは絶対的にページェントの影響です。
なぜならば、私が6歳で始めて見た芝居は、ページェントでした。

★偶然、同級生2人に会ってビックリ。

よくぞ気付いてくれました!

★新校舎だから、馴染みないけど、教室にも潜入した!

基本的に、授業は殆ど寝てました。
で、休み時間になると起きて友達んとこ遊びに行くタイプです。

★こんな生徒?

雑談好きな先生の授業を脱線させたりして、授業にさせなくしたりするのがスキだった。
4組の私の机を叩く笑い声が、1組の子にも聞こえたって!
声、デカイのね?


メリークリスマス!!!

★懐かしシーン

生物・科学室へ上がる、階段に飾ってある、犬の絵。
ノスタルジー!!!!!!!!!!!!!!!!

★懐かしシーン

中庭と藤棚。
岡田教頭アンソニーの薔薇のアーチは、現在は二つありました。(=わかる人にはわかる情報?)
ちなみに、後ろは未だに調理実習室です!(笑)


以上。
多分、20年振りの母校報告でした!

社会科の中山先生は、現在は教頭だそうで。
あ。
ちなみに、このツリー写真の後ろにあるカンバース先生の絵画、わかったかしら???

うけるよね〜!!!!
 
石橋個人写真館 | 00:00 | - | -| - |
赤の洞窟
中学来の親友N子宅へ。
旦那と娘すずに会うのは、丸1年振り。

今、話題の<●の洞窟>ってイベントで近隣住民が迷惑している、セレブの町、中●黒です。
有名な博多もつ鍋を、TAKE OUTのご自宅で頂きました❤
超美味かった♪

すずは、もうすぐ小学校。わっこおばちゃんは感慨深いです。
お腹にいる頃からスゲー話しかけてて、産まれてからも私の呼び声に反応してくれたのは、すずだけ。
乳幼児の頃、私の腕の中で眠ってくれて、私は泣きました。

こんなで。3ヶ月かな?

4・5ヶ月かな?

2歳くらいかな?

本当に元気で、大きくなった。
恥のない大人にならなきゃいけないと、思う。

もうすぐ、抱っこ出来なくなるから、「ねぇ!沢山抱っこさせてよ?すず」と抱っこさせてもらう。
すずは、人見知りだけど私の膝には何度も来てくれる。

ちゃんとこまめに会っていると、子供は凄くゆっくりと大切に成長して行ってるのだと実感する。
体が少し重くなって、言葉をどんどん話せるようになる。

すずのカチューシャを直す私。
すずの私を見る表情が、神様みたいに綺麗なのです。(@旦那撮影)

上の歯が1本抜けてね。可愛いんだよね〜!

お互いにいい笑顔すぎでした❤

この後、珍しく先に椅子で眠った旦那をそっとしつつ、N子とすずが駅まで送ってくれました。
でも、やはり赤ワインをたぶんボトル2・3本空けてしまったのか?
翌日、記憶が薄くて不安でした。
う〜ん。赤ワイン・・・またも・・・


すずのプレゼントで感動したもの。写し絵。

「わこちゃんへ」ってひらがなが書いてあって、泣きそうになった。(ちなみに<ぱぱ>は鏡文字で笑った!)

入れる封筒が「キキララがいい」と言うと、上手に書いてくれた。

軽く、「れこちゃんの」ってなってるのがたまらない。

真ん中のは、塗り絵の仕方を教えてあげた。「こうすると色んな色で早く上手に色鉛筆で塗れるんだよ。」
下のは、すずが自分で上手に塗った。
凄い!成長の早さ!

***

N子:「今日はすずは、いつもよりよく喋るね?」
すず:「・・・どうしてよく喋るか、教えてあげようか!それはね、わっこちゃんが遊びに来てくれて嬉しいからなんだよ。」
すずが、小さな声で早口で、そうタカタカと言った。(笑)
私:「・・・すずはそうなの?そう言われてワッコチャンも凄く嬉しい。ありがとうね。」

最後には、N子を抱きしめさせて貰った。
「ねぇ、一緒にママを抱きしめようよ。すずも真ん中に入って来て。」と誘って、ギュウと何度も3人で抱き合った。

何だろう。
この感じ。
ごめんねって思った。
どうしてだろう?

40過ぎても、この世は謎ばかり?
石橋個人写真館 | 00:00 | - | -| - |
真鯛で御座います。ふんがふっふ。
一年で一番好きな日は、元旦。
生まれてずっと、変わらぬ。元旦はとても特別な日です。

家族の行事のTOPに君臨してる。
一昨年、前の仕事が元旦強制出勤となり、お祝いせず仕事へ。
急いで夜に帰る。家族は酔ってお腹壊してボロボロになってた。(笑)居た堪れない有様。
そんで、10年努めた仕事辞めようと思った。それが、切欠かな。

年末年始は、唯一家族が揃う。
姉は石垣島から、弟はタイから帰る。
年末年始は、石橋家の一大イベントなのだ!

最近始めた仕事、ご配慮を下さり、沢山お休みにしてくれて、有難いばかり。(元旦より営業なのに!)
ちょっと有り得ないから、どこかで奉仕せねばです。

***
お年賀状を作成中。

↑最近、この「桃色」と「よもぎ色」の年賀状を半々で使う。
切手部分のデザインが古臭くて可愛い。上の「年賀はがき」って文字も素朴な文字フォントで大好き。
自分の名前部分を、黒だと濃くて、インディゴ色にしてみた。うん!いい!

ウチは≪和の趣き≫っす。

↑この賀状作成本が好きらしく、ここ5年はこれで選んでいる。
枠なしにすると、デザインが崩れるので、悪戦苦闘の末、そのままにした。
アナログなのに、よくやっている。自分を褒めよう。

真鯛で御座います。

↑お正月のお雑煮の具になる、真鯛。小さめのが味が抜群にいいのだそうです。
大きいと大味なんだって。(でも、牡蠣とかもそうだよね!)塩焼きにされました。


↑石橋家の雑煮は、長崎系。鯛のお頭を食べれるのは、家長のみ。つまり父のみ。
焼けば味が落ちないので、このまましばらく冷凍される。

鯛の出汁で、雑煮って珍しいらしいね。醤油味です。凄い美味いよ〜♪

*****
そういや、結構前に、
母流のポテトグラタン作った写真を発見したので、中途半端に載せるね。

・男爵など、煮崩れしないじゃがいもを使用。

・色んな切り方して、バター塩コショウで炒めて、

・とにかくコンソメ入れた牛乳で煮るっす。ローリエやベーコンも投入。

・じゃがいもがどっかいっちゃうまでとことん煮る。

完成写真はありません。(笑)

あとは、これを耐熱皿に入れて、ピザ用のチーズ入れて、粉チーズ振りかけて、オーブンでグツグツするまで焼けばOK。
実は、醤油をかけると美味いんだよね。昔から。
で、ポテトグラタンと、ご飯。的な献立だったりしました。

母には、「もっとじゃがいも煮詰めないと」とダメ出しされる。父は、「水分が足りなかった」と言う。
一度も褒められた事がないと、このような人間が出来上がるのかな?
色々と、難有。(笑)


大根ツナ煮です。

これ、大根救済メニューだな確か。
年寄り相手で、しっかり生姜を利かせた煮物が得意になりつつある、私です。

いよいよ
年末到来です。
泡吹こう。
 
石橋個人写真館 | 00:00 | - | -| - |
遺跡の欠片

アンコール遺跡群の、
パリアスリレイって修復されてない、ボロボロの遺跡が好きでして。
そこで、拾った遺跡の石は、宝物。



3年連続で行ってたんだよな。カンボジア。
巡礼したくなる。
ふと。
石橋個人写真館 | 00:00 | - | -| - |