11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
いろいろありまんがな、なぁ?
 

そんな訳で、本格的にコスモルがゾワゾワと動き始めている。

そんな昨今!

皆様、如何お過ごしでいらっしゃいますでしょか?

 

旅立ちの前に、最近の己の変化について。

 

どうも、怒りの沸点が変わった。

(この言い方でいいのかは不明。)

端的に、

昔なら烈火になる出来事に対して、どうもすぐに鎮火している。

もうこの段階で既に、カッカ来る出来事は多いもの。

 

カッカは来ていると思うけど、持続しない。

とても不思議だ。

 

 

元来、私は超短気で喧嘩っ早い。

敵を作ることも全然恐れない、個性派である。

育ちも人も悪くはないから、まぁそこそこ生き永らえているが、それは悪運の強さかもしれん。

 

この1年間は、地味で普通に激動でした。

この今ある、平穏という日々は、奇跡なんだなと思う。

 

自分を変化させないと、越えられない壁だった。

だから、知らぬ間に変わった。

 

多分、自分の足場がガラガラと崩れ落ちる恐怖って、きっと身近にある。

誰の身近にも。

全部が当たり前にあると驕ってはダメなのね。

 

 

つい最近まで、悩んでいたこともあった。

もう、具体的な生活と日常に、1日1日必死でいた日々に1年間追われてて。

気付けば、

クリエイター・モードにシフトが入らない。

 

日常はなんて恐ろしい。

 

えっ?

創作や芸術は、人が生きるのに必要だと思ってここまできたのに。

はじめて、わからなくなった。

別にいらねーのか?って。

こりゃ、困った。

 

ある意味、私をcreatorに育てた友達がいる。中学からの友達M古。

今も音楽creatorを支える仕事をしている。

正直、こういう悩みを相談出来る人がいて良かった。

彼女は「自分のペースで今のわっこちゃんに出来ることをすればいいんだと思う」と言った。

私の悩みはすぐ解決。(笑)

 

だって私はやりたいことをやってるだけ。

とても単純に。

褒められても、貶されても、知らない人らに散々に罵倒されても。

 

私が出来ることをする、それだけ。

しかも、とても懸命に。

 

そんなこんなで?

何だか、全然、怒りがない。

 

すっとやっぱ、

色んな事がsmoothなのね。

 

普通に、年取ったから丸くなったのかもしれんがのぅ。

 

こんなに蒸し暑いのに、金木犀は花開いて、蝉も鳴いてたりするしのぅ。

 

 
auther:石橋和加子≒ケン※ショクヨー, 機韮蹇。圍硲稗裡烹稗裡如 わかこ哲学, -, -, - pookmark
お早め忘年会
 
お世話になってるおバイト先の、お早めなお忘年会がありやした!
一人5000円レベルなのに、何でかownerの全額奢りなのです。
ありがて〜っす!

*(雑談)

あたしゃ、ずっと某百貨店そ⚫︎うに10年居たんすが、最後にはチクリ合いと上に立つ人間への信頼を失い、疲弊してやめた。
「次は、お給金は安くても精神的ストレスが溜まらない場所で働こう」と、辞める時に心に誓った。
前の職場では、(私は歳だから他に行くところないからさ。)と皆が口々に言っていた。
聞くたびに嫌な気持ちになった言葉。

「そうかな?体が丈夫で仕事を選り好みしなきゃ、トイレ掃除でもPRIDEは保たれてお金は稼げるよね?」と私は思ってた。
自分の身の程を、たった一つだけの職場の狭い基準なんかで測るべきじゃない。
違う?
一生そう思っていたい。

生きるためにはより有意義なお金を、労働と引き換えに稼がなきゃいけないだけ。だからね。
やり方は自分が決めるべきだし。納得行ける自分を保つ基準に、必要な事ならどんなにシンドくてもせんと。
自分の状態を図れるのって、自分しかいない。

ちゃんと、自分自身の状態を見て感じてあげないといけない。
所詮は全部ツケが自分に返ってくるのだと思う。

嫌な仕事でどんだけ頑張っても、賞賛なんか笑っちゃうほどに得られないんだよ。
人生なんざ一度しかないんだからさ。
やるからにはやれるだけはやらないと。
後悔しないように、しっかり時節によく考えつつね。しくしくと進むのだ。人生を。


話戻ります!

今のバイト先には本当に感謝しておりまして。
うん。正直もう本気で究極で切実に《人間嫌い》になりかけてた頃でして。
古い友達にいいタイミングで誘われた。
あ、実は芝居は《人間好き》で始めたのですが、長々続けると《人嫌い》になったりもしそうだよね、実際。
世の中には色んな人がいるからね。
本当に色んな人がいるわ。

〈人を信じてはいけないと思ったのはいつだろう〉って、くらいに色んな人がいる、悲しいかな。

あ!ほんで!今の仕事!
メキメキとメンタルトレーニングが進んでおります。
ほぼ、丸一年居て、かなり《人間嫌い》が《人間好き》に戻ってきている。

と、いうか、
単純に思い出した。
思い出せた。
人間が好きだったってことを。
忘れちゃうんだ、そんな大事な事さえも。
40年以上生きてたって、人は俄然弱いんだね。

ありがとうございます。そして、良かった。
真っ向、リハビリ中ですわ。

忘年会な、お写真たち。

遠くがちっさいな〜。


若人たち。

というか、年齢層が広すぎるなかなりこの職場は。
20・30・40・50・60(まだ?)代がつぶさにいるらしい。うける。


全員集合して、二枚目に撮った写真。


一枚目の写真。
こっちのが皆んなかなりいい表情をしている。やっぱ、集合写真は一枚目が命だよなぁ。ふむ。

とか。
でした。

ワインを久々にガバガバ飲んで、記憶がぶちぶち飛んだ。
カラオケにちと行って、ゴロゴロしていた。

人生はやっぱ楽しくてナンボかもしんないやな
 
auther:石橋和加子≒ケン※ショクヨー, 機韮蹇。圍硲稗裡烹稗裡如 わかこ哲学, -, -, - pookmark
ん?
 
昨夜、私はこのブログの背景を変えていたんだね。
忘れてた〜!
トップずれてないか〜?
でも、どうにもできないわな。

そして、今、酔っ払っている。結構。
ま、毎日だけどよ?
今日は何となく特別に酔っ払っている。

そんなこんなで、最近、本をバーっと何冊か買った。
そういうときとか、時々ある。
女流作家が好きなんだ。

ヴィレバン@下北沢、とか。紀伊国屋@横浜、とか。品揃えや推しが違うので面白い。
初バイトは、本屋でした。
でも、今も混乱を整理する時には、必ず図書館か大きな本屋へ行く。

小学校の時、図書委員だった。
私の人生でかなり幸福な記憶のある場所は、図書室。
あ〜国会図書館とか、いつか行ってみたい。
そういう夢もあった。



MONKEY って雑誌の「こわい絵本」特集を買った。(2014)
そこで、村上春樹の(職業としての小説家)の「オリジナリティーについて」の章を読んだ。
ハードカバーで買ってるのに、遅いっつの。

多分、私が最近手に取る本は、
多分、私が現状で求めていて、
多分、私が救われるヒントがあるのだろうと思う。

私は、活字中毒ではなくて、好きな作家の作品を何度も読むタイプ。
川上弘美と吉本ばななと糸井重里の文庫を買いました。

**

糸井重里はたまたま、立ち読みして良さげで買った。「ボールのようなことば。」(ヴィレバンでTOPSALES?)
実は、コピーライターにもなりたいと思う頃もあった私。(笑)
ことば。
よくよく、ずっと好き。

すぐ響くことばを持ってして、何だかゆるキャラ風なスタンスの糸井さん。
そういう意味で、昭和世代として苦労してないわけないのに、スイスイ来たように見せてる糸井さん。

周囲からの羨みは、半端なかったかもしれん。

うなる部分を抜粋します。

***

『ひとりでいるときの顔が想像できる人と、
ひとりでいるときの顔が想像できない人とがいる。
ひとりでいるときの顔が、想像できない人とは、
どうも仲良くなれそうもない。

個であること、孤であることから
逃げないで生きる人の姿というものには、
厳しい美しさがある。

そして、そのうえで、だ。
そしてそのうえで、

ひとりを怖れない人が、
人々の情けを感じるとということがすばらしい。
ひとりを怖れない人が、
他のひとりの役に立とうと、走る姿は美しい。

(・・・・つづく)

(この先は、本読んでね。何となくな。)

ほんじゃ!
 
auther:石橋和加子≒ケン※ショクヨー, 機韮蹇。圍硲稗裡烹稗裡如 わかこ哲学, -, -, - pookmark
傷付く感じをね?
 
最近ね。思った。

6歳児のキッズ・シッターとか、
3匹の犬のペット・シッターとか、
してまして。

これね。ポメラニアン。
タイから弟が連れて来た。

左:カナ(メス・15の母。出来ちゃった婚。母の自覚なし。)
中:ニコ(オス・体小さいがデカちんちこ。(シモ?笑))
右:タロー(オス・長男。マキシマムのばか男!無駄吠えのビビリガキ。)

同じ犬種でも、性格が全く違う。
世界にひとつだけの花かい?

ちなみに、一番左はメタボな可愛い弟の腹です。(笑)



子供と、犬。
とても、シンプルな生物を、真剣に相手にしている。
私は、どちらも本当に好きだ。

しかし!
奴らは、弱い個体ゆえに、従うべきはどこかをとてもシビアな眼で見ている。
大人や人間の様に、自活が出来ないからこそ、常に品定めされている感じさえする。
『アンタが従ってもいい人間なら、言う事を聞いてやるよ?』
試されてる、感じ。

私は私で、必死で正直でいるしかなくて、誠意と愛で頑張る。

けれど、
奴らの、自己防衛本能が起動すれば、私など只の他人。
簡単に、己に従い、
いとも簡単に、裏切られてしまう。

その時、
いつも想像以上に傷付く。
どうしてか?

それって、私が本当に心で真剣に接しているから。
「愛」と「傷」は、「一心同体」?

心がしくしくと痛みに耐える、この感じはとても久し振りである。
この、懐かしい痛みを感じてやっと、
あぁ、とりあえずはやっとひとつリセットされたのかもと、思いました。

(どんなにヒデェ事されても私の心は傷付かねぇよ?)って所ばかり強化してたから。



でも、今は、
復活出来ると思えるから、ちゃんと傷付ける。
いいじゃん。

そういう出来事があった。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

まず、

写真の説明。↓
散歩やら、ご飯やら、甲斐甲斐しく世話をする、
隠れ尽くし系女の私。

犬らの、痒い所に手が届いているとは思います。うーん多分。

犬は現金なので、そこそこ懐いてくれてきました。
ちょっと嬉しい。

お父さんのニコ。↓

正月には、姉を癒してくれました。二度目の来日です。
前よりも慣れてくれて、オモチャで遊んだりした。

お母さんの、カナ。↓

一番愛想が良くて、(メスってこんなに違うんだ!確かに飼いやすいわ!)と驚いた。
ウチの老夫婦(=両親)にも、ラブラブのペロペロまくりでみんなで癒されてます。

長男、タロー。
出たよ!異端児!
こいつだよ、こいつ!

一番の問題児で、無駄吠えはするわ、ビビリだわ、疑り深いわ、犬モラルの欠片もない。
初対面で無駄吠えを躾けようと、私がしっかりと怒ると、怯えて、
甘ったれて、他の怒らない人に隠れて、私を非難し出した。

私から逃げて隠れながら、「ウ〜」と唸りやがる。典型的なアホ犬。
でも、あんなに剥き出しの敵意って受ける機会もないので、
それも、かなり傷付いた。
すごく、犬に嫌われるのは辛かった。
弱い犬ほど、吠えやがる。

弟は、タローが吠えると「大丈夫だよ〜」とかいって、抱っこして「こらぁ。お姉ちゃんに世話して貰ってるんでしょ?」とか可愛がってねーか?
大丈夫じゃねーし、抱っこしたらもっと喜んで犬はやるんだよ!(怒)

つつ、
少しづつ、馴染んでいった最中の本日!
ある事件が!

ちょっとどうでもいいけど、私は号泣してしまった事件がありました。
もー。
バカ犬、最低!

***

朝からバイトでクタクタだったが、犬らの為に散歩へ。
広い公園に連れてってあげた。

多頭飼いなのに、10mまで伸びるリードで案の定、公園のポールに絡んでぐちゃぐちゃに。
昨夜、一匹づつ家の前をノーリードで言う事をちゃんと聞いたので、
どうしょうもない紐の絡みを解くため、「まてよ。まて。」といい、長男犬・タローの首輪を解いた。
ぢっとしてて、大丈夫そうなので、母犬・カナにも言いつけて、首輪を解いた。

二匹がじゃれあって、私から少し離れたので私は叫んだ。
怒って二匹の名前を呼びつつ、捕まえようと追っちまった。

母カナは、止まった。抱っこする。
長男タローの名を呼ぶと、奴は「やべ!また怒られる!」って感じで猛ダッシュで逃げたのだ。
公園を出て、白くてモコモコの奴がまっすぐな道を、わーっとどんどん走って行く。
どんどん小さくなっていく。
見た目1センチ。

私はカナを抱えて、200mは猛ダッシュで追った。
狂った女のように叫びながら!「タロー!!!まて!!まて!まちなさい!!こら!まてよ〜〜〜〜!!!!」
勿論、腹式呼吸です。
静かな住宅地の冷たい空気が、ビリビリと揺れて、こだまさえかえる勢いで叫んで、走った。

ぜぇぜぇと走りながら、走馬灯がよぎる。
・車に轢かれる瞬間の、タローの映像。
・怒りまくる、弟の冷たい顔。(=ウチの弟は超MILDだから怒るとメチャ怖い。)
・戻らない犬を探して、保健所にはどの区域まで問い合わせをすればいいんだ?
・これでタローが消えて、その後に公園戻って、父犬ニコがいなかったら?
・どんどん走って小さくなるとっくん(キッズ・シッター中の友達の6歳児)が、車に轢かれる映像。(何故かリンクして浮かんだ)

完全にトラウマになりました。



もう最後は、叫びつつ懇願。
「お願いだからまってよぉぉぉ〜。怒らないからぁ〜タローまってぇぇぇぇぇ。。。」
息が上がって、声も出なくなってきた。

見た目1cmの白い小さいモコモコが止まって、少し大きい2cmの白いモコモコになった。
一瞬(まさか、戻ってきてくれた?)と思った。
どんどん駆け寄ると、
近所の白いダウンを来たお姉さんが、タローを抱っこキャッチして、面白そうに笑いながら私に渡してくれたとわかった。
「ぜぇぜぇ・・あ、ありがとうごぜぇぜぇ・・ます・・すみまぜぇぜぇ・・・んぜぇ・・・ありがぜぇぜぇ・・・・・・」

あの方は、天使だったのかもしれない。
白いダウンの天使。

お礼もそこそこに、2匹抱えて、公園にまた200m猛ダッシュ。
「ニコ。お願いだから待ってて。無事でいて下さい。神様神様神様ぁぁぁぁ・・・」と後半は軽く叫びつつ、また200mを走る走る。

再びの走馬灯が。
・売られるだめに、さらわれた父犬・ニコ。
・トイレに入ってた不審者(たまたま公園のトイレに入ってる男の人がいたから)惨殺されてるニコ。
・結局怒る弟の冷たい顔。
・何故か両親にも怒られる羽目になる私。(=この辺ちょっと余裕ある妄想だよね?)


階段を駆け上がって、茶色いモコモコのぽーっと立ってるニコの姿を確認した。
私:「ニコーーー!!!ちゃんといたの!!ニコーーーーーーーー!!!ごめんぜぇーーー!!!」
ニコ:「ワン!」(=答えた。)
私:「ちゃんとまてしてたのぜぇぜぇ!!いいこいいこぜぇぜぇ!!!」

抱いてた2匹を絡んだリードに繋いでから、公園の地面に倒れこんだ。
「あ〜良かったぜぇ、あ〜良かったぜぇぇ・・・あ〜もうやだぜぇ・・。もう本当に疲れたぁああぁああ〜〜〜〜・・・・・・・・
って、タローばかぁあああああああああ!!!!まてって言ったでしょうがぁああ!!!!」
(タローを平手打ちする。すっかりドラマちっくね?)

タロ:「う、うぅぅう〜・・・」(久々に私にうなる)
私:(切れる)「は?悪いのはお前だろう?わかりました。君らはもう歩かせません。散歩なし。(黙々とリードを解く。カナとタロを抱っこ)カナはとばっちりだけど、私から離れたから、ダメ。ニコは3匹抱っこ出来ないから、悪いけど自分で歩いて。ニコだけ散歩してあげる。ほら行くよ。」

尋常でない状況に気付いたのか、
いつもマイペースでわがまま散歩をする父犬ニコは、珍しくスタスタと真面目についてきた。
私、本気で怒っていたから。

家に上げる前に、また黙々と12本の足を拭いて、
母に軽く報告をして、母は「だから、紐は絶対に離しちゃダメなのよ。」と言った。
(傷付いた事を報告するのは結構キツイよ)
「だからもうこいつらの顔をしばらく見たくないから、適当にカラカラでもご飯やっといて」
と言って、
ぜぇぜぇしたままで横になり、ぐぅぐぅ2時間位眠った。

傷付いたのか、私は。
そゆとき、寝るんだわ。

なかった事にしたい時、寝るのさ、私は。

**

で、起きて、
犬が3匹いるのを実感して、やっと号泣した。
「ふぇ〜皆が無事で良かったよぉ〜本当に良かったよょぉぉ〜〜〜」

超本犬のタロは、目を白黒させてワンワン吠えてう〜う〜言ってた。
私:「アンタなんか大っ嫌いよ!ばかだから。ばかばかタローのばか。」
って直接に本犬に言ったら、少しスっとした。

で、弟がモサーっと帰ってきました。

弟に経緯を報告。
話を途中まで聞いて、弟は「あはは」と笑った。私を怒らなかった。
弟:「ニコ(父犬)なんか車に轢かれたことあるよ。レストランまでの短い道でノーリードで下ろしたら、車ビュンビュンの所に向かって走ってってさ。叫んで呼んで、カナ(母犬)は止まったけど、ニコは止まらなくて。車にかすったのか、ゴロゴロって転がってこっちに走って戻ってきた。右足がちょっと切り傷程度で。そのレストランの目の前が獣医でさぁ。すぐ連れてった。」
私:「どんだけ悪運強いんだよニコは。死んでるだろ普通。」
弟:(しみじみ)「でも、呼んでも止まらないから、もうダメだなって思ったら、俺は最後名前を呼んでなかったよ。そういうもんなんだな・・・」
私:「・・・・・・・・諦めるのか。」

私の心の声:(ん?諦めない為に、躾があるんじゃ?ん?可笑しくねか?)


私の記憶で、凄く印象的なことが二つある。
私はそれを思い出した。幼い頃の記憶だ。

〇笋ハサミで紙を切って遊んでたら、弟が手を出して、弟の手を切ってしまった。(多分、弟は1歳半)
∋笋弟と一緒にベランダに出たら、弟が転げ落ちて頭から血が出た。(多分、弟は2歳)
私が横断歩道に弟と居たら、向い側に母がいるのに気付いた弟が4車線の車道に飛び出そうとした。(多分、弟は3歳)

,任蓮⇔梢討賄椶蕕覆った。
△任癲∧譴賄椶蕕此
では、弟が飛び出そうとした瞬間に母が鬼に形相を変えて「和明こっちに来るな!」と叫んだ。私も驚く程の叫び声だった。

弟はどれも覚えてないのだろうな。
その日は、,世韻鯆錣墨辰靴拭

**
翌日。
二階のトイレのカレンダーを見たら、
12日の所に
「タロー、逃げる」と、弟が記入していた。

ついつい笑ってしまった。

その下に、犬二匹を抱えて犬を追う落書きを書いて「ワカコ・トラウマ」と書き入れました。

つーか、躾をちゃんとしろや!!!!!
ウチのホークさんは、天才やったで!!!!
絶対に飼い主を裏切るような真似はせぇへん犬やったで!!!

隠れ、プンプン。
ほんじゃ。
 
auther:石橋和加子≒ケン※ショクヨー, 機韮蹇。圍硲稗裡烹稗裡如 わかこ哲学, -, -, - pookmark
新横浜の桜、風の強い日
 
新横浜の桜、四日後の姿。

ね?
ほら、満開じゃん?(=濱っ子風に言えばさ。)

ここは、穴場でしょう。

小さな蕾が付く頃(1/26)に、ちらとK谷と2歳の娘とお散歩した。

私:「おぉ?こんな低い位置に蕾が?ねぇ!この辺は全部ソメイヨシノじゃないかぁ!?桜が咲いたら見事だろうね〜!!!」
K谷:「花見、いいねぇ〜。」
って、気付いて、

実はこの春を、いつもよりは、ちょっと楽しみにしてた。



今のバイト先のすぐ近く。
ボンサン(=20年来の友、今の仕事を紹介してくれた!)と暖かい日は、バイト後に、お弁当食べたりしていた。

昔々に、家が苦しくて、一人になりたい時に、車飛ばしてこの川に来て、
ボサーっと。
流れる川を見ていた事も、あった。
あの頃は、私は何歳だったんだろ?


その、川原に、
桜が咲くんだね。

天気は、風がめっさ強く、くもジロー。
曇り空でも、太陽は実はそこにいると、
私は知っている。

↑この写真の背景の明るさは、太陽が後ろにいるからなのよ。
ケータイだとよくわかんなくて、今まぢまぢと見てビックリ。

背景の色味。
上から、水色・白色・桃色・空色・白色・桃色、で、
すっかり、しっかり、しましまになってる。

う〜ん。
無駄に美しい。

この世には気付かれないで終わる、無駄な美しさに溢れているのだ。
自然のものは、何て無駄に美しいのか。

これは、私の叙情的な哲学である。
そして、私の刹那なる根本美学。



よく、
尊敬やら、侮蔑を含むように「ワッコさんはアーティストですよね。」と言われたりする。
尊敬は、そのままに。
侮蔑は、演劇的でないという意味に。
私は、「あぁ、他人がそう思うなら私はARTHISTなんだ」と、ただ思う。
可も不可もない。

だけど、
伝えたいと思ったコトは、必ずどこかで伝わるとお目出度くも、まだ信じている。
でないと、基本は続けられない。
そういうモンだ。


演劇的である事に、興味はない。
チケット代を払って御覧下さるお客様が、観やすい構造にはしたい。



そういうとき思い出すのは、
かの、フランク・シナトラ(=<マイ・ウェイ>を歌ったアメリカ歌手)の名言。

【観衆の心をとらえる方法はひとつしかない。
観衆の前で歌うとき、私は誠実を旨とする。
それは、誠実かつ謙虚な態度で観客に訴えかけることだ。】


++

本当は、お弁当でも食べたかった。

ごうごうと耳を鳴らす、風が吹く。
花は、散らない。

桜はつよい。
桜もたえる。

咲き誇る、桜の圧倒的な強さ。
春に咲くだけ。
力いっぱいに、1週間だけ季節を告げて、また一年間眠る。

夏の蝉のようね。

+++

風が強い。

無駄に美しい。
 
 
auther:石橋和加子≒ケン※ショクヨー, 機韮蹇。圍硲稗裡烹稗裡如 わかこ哲学, -, -, - pookmark
ぐでたま論?
 
放置されてた人参で、
人参きんぴらを作ってみた。
が、

アレンジで輪切りの唐辛子を入れすぎた。
ヒリヒリした意地悪な辛味が痛い。

適当に、なまらクックパッド・クッカーなんだけど。
舌に多少自信があるのと、オリジナリティを追求しがちな、個性的(らしい)わたくし。
アレンジしなきゃ秀作になるんだけど、どうにも好奇心が止まらない。
B型だもの。

アレンジしての成功率は、6:4てとこです。
あ。どっちが成功かは秘密だよ。

こりゃ、失敗作。
教訓にしよ。



今、働いてる店の店主は凄〜く変わっている。

簡単に言えば、今人気?の「ぐでたま君」としか思えない。
現在の変な人間ランキングでは、堂々の第一位。
多分、自分では普通と思ってるのかもしれないけど、エキセントリックすぎ世界ランキング、一位。

・基本的にやる気が一切ない。
・基本的に人との会話が続けられない。
・基本的に何を考えてるのか全くわからない。
・基本的にアルカイックスマイル。(=仏像がする半眼半微笑)
・基本的に生きる事さえ、面倒臭そう。
・基本的にストイックな働き者。
・基本的に超無口。
・基本的に何も話さない。

滅茶苦茶、短気な私は時々スゲー猛毒に嫌味をまぶして、直で本人にキレています。
何でか、「あはは」って店主は笑っとる。

バカにされてんのか?
ただ単に、ぐでたまってるのか?
私には全く理解不能です。

時々、「よくここまで言ってるのにこの人キレないな。逆にある意味すげぇな。」
と尊敬したりもします。

**

どういうわけだか?

上記の「人参のきんぴら」は、両親に好評でした。
和食って一日置くと、味が変わるんだよね。

色々、不思議だ〜。
 
auther:石橋和加子≒ケン※ショクヨー, 機韮蹇。圍硲稗裡烹稗裡如 わかこ哲学, -, -, - pookmark
WHY?
 
徒然なるままの、思考日記です。
つまらない話を、お少し。

今年は色々動いて、色々あった1年でした。
2014年も、あと僅か。
そこんとこ来て思うのは、「結局は、NOTHING。」て事実でして。
かなり、痛かった。

久々にまぢでキツかった。

つるつるの薄氷の上で、必死に体裁を取り繕って。懸命に考えて。
やっと、解りかけてた時、
足元を救われる出来事があった。

「壊れる!壊れる!」と本気で思った。
普通の感覚なら、笑って済ませるような事。

でも、私はとても傷付いて怯えた。
セクシャリティに纏わる内容で、誰にも話せず。
肝心な事は、誰にも話せない私。
一人だけ話したら、「初期からもう危ないのを気付けって!」と怒られる。

バランスが悪い。
私は凄くバランスが悪い。

で、止まった。
や、止めた。

FB投稿と閲覧は、ほぼSTOPした。
元々、SNS嫌いだから、宣伝出来たらいいのかな?と思いつつも、
それで繋がれてる、大切な本当の友達もいる。

友達に心配されて、悲しい気持ちになる。
世界には、本当に酷い事をする人間がいて、SNSにはモラルも法律もなくて、
心が乾いてて、しっかりした愛がない。

とても孤独になる。
で、止めた。

小さき人々でさえ、自分を守れないのに?
どうして己を、守ればいいのでしょう?



私は心のことだけを、信じたい。
そうしたい。
死ぬまで、そうしていたい。

だから、そうしようと思う。
これから。
芝居の神様、どうかどうか、守っておくれ。

現在、リハビリ中です。
少しづつ、少しづつ、他人をちゃんと好きになれている。
つくづく、「私は人嫌いだったね?」と思う程に。

折角だから、
ちゃんとします、
苦しんだ代償に。

勿体無いもんね。

WHY?
芝居を始めた頃は、そうでなかった。
20年前の、お話。

でした。
 
auther:石橋和加子≒ケン※ショクヨー, 機韮蹇。圍硲稗裡烹稗裡如 わかこ哲学, -, -, - pookmark
20
 
再び、ベリショーに髪を切る。
7月に切って以来、4ヶ月ぶりののび放題。

20年以上通う、原宿の店から浮気してみた。
近場の桜木町の店を予約。
まさかの普通の白ポロシャツのおっちゃん(多分、店長?)「センス大丈夫か?」と思うが、
おっちゃんだけに、カット上手かった。

私は<話し系美容師>が嫌いなので、会話を続かせない嫌な客。
おっちゃん:「この辺はよく来られるんですか?」
私:「この辺って?横浜って事ですか?」
おっちゃん:「はい」
私:「ま・・・住んでるので来ます。」(=さっき住所記入してんだから見てから話しかけろよ。つか集中しろ?と、心の声)

ヘアスタイルの解説がいい奴だなって思った。
スタイリングの仕方と、この方が似合うからこうしたと、言う。

私への介錯が、斬新で、面白かった。

色んな店へ行って、色んな介錯を見せてもらうのもいいかもなって。
20年振りに、
思いました。

最近、まさかの20年振りな出来事が多発中でしてな。
時空が歪んで、繋がったのか、何なのか?
 
auther:石橋和加子≒ケン※ショクヨー, 機韮蹇。圍硲稗裡烹稗裡如 わかこ哲学, -, -, - pookmark
ループけ?
 
正直、最早これは、宿命か?
と思う出来事のループに見舞われる。

見舞われていた。と言おう!
もう、気付けたのだからネ。
(※ブレない為に、ここへと記述致します。今、個人日記書いてないんで。)

たまたま今、5年振りに読み返していた小説。や、
今現在をちゃんと待った、シンプルな心境。や、少々感じる揺らぎ観の不和。などが、
立派に私を助けてくれる。

本当が何か。
知る機会を得た。
有難し。

***

やはり私は、文系よりも、理数系脳のが平和らしい。
(ちなみに私はコスモル作品を80%は理数脳で創っている。)

とある出来事に困惑。
全てを「記号」化して情報処理したら、速攻に数式が合致して難問がすっくと解けた。
数学には、答えがある。
文学の答えのなさが、不快なときもある。

「記号」はシンプルで頑固。
うらぶれそうな、象徴的な、虚白な、私のループを、
しっかりと、ミキシングして、
まるで、信号機のように、三原色(赤・青・黄色)で分けてくれる!

いいも悪いも。

***

年取ると、個人思想は強化される。
反面同時に、外的刺激に脆弱になる。

どっちもどっち。

***

いや、しかし、気付いたのです。
恐らく最速で、
この悪夢のループを気取った。
その三原色で。

良かった良かったぁ♪
 
auther:石橋和加子≒ケン※ショクヨー, 機韮蹇。圍硲稗裡烹稗裡如 わかこ哲学, -, -, - pookmark
ハッピ〜・オ〜ラ?
 
「ハッピー・オーラが出てる!」らすぃのだ?
最近言われた。今日も言われた。
WHY?
無意識。幸福て何?

今日会ったよちこさん曰く
「状況が好転してるとき、人は髪を切るんだって」らすぃのだ?
よくよく考える。ふむ?

???

ルーチンになりがちな、気を付けたコトを自制し守り、それで楽になったコトはたくさん。
自覚はある。

些細な自制で、状況は意外に好転するのかな?
私が気を付けたコトは、この3点よ。

!!!

?なる怒らぬ。
?愛を気楽へ。
?どうでもよっしゃ。

逆説。
この逆のコトを、私はずっと熱血追求してた。
でも、それは、他に期待して、転化する、己の横暴さだと、知った。
When?

===

それをされたから。
されて、される側の、気持ちがわかった。
<価値観は千差万別。個性は十人十色。年功序列で侵食されるべきでない。>
差別社会。タテ社会。嫌な日本の徒党システム。



私はロンリーウルフの自由人だから、思う。
素敵じゃない。
モグラ叩きは時代遅れで、ダサいGAME?
格好悪い。

嫌われても、憎まれても、呪われても、いいでしょう。
でも、「格好悪く」だけは、なりたくねぇ〜!!!
あぁ、嫌だ。

惰性。
嘘吐き。
心皆無。
価値無。
反面教師。

もしも、私が格好悪くなったら、誰か私をどうか殺して下さい❤

意味不明?
アデオス!
 
auther:石橋和加子≒ケン※ショクヨー, 機韮蹇。圍硲稗裡烹稗裡如 わかこ哲学, -, -, - pookmark
 1/5PAGES >>
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.