PIANO JOINT RECITAL 2013 @神奈川県民ホール

お友達マダムNサンのお嬢様、ゆきゆか姉妹のピアノ・リサイタルでした♪

ピアニストらの王子様、リストさま、ショパンさまは勿論!
ラヴェル・ドビュッシー・バルトークなる方々の楽曲も演奏されました。
夫々の選曲が演奏家の個性を際立たせていた。

パンフにも丁寧に作曲家の年齢・人生・作曲した時の情況などが記述。
更に、演者のピアニストらがそれを解説して演奏する。
「そういう気持ちで作られた曲なのね?」と思うだけで、聞く側の意識も全然変わる。
凄く簡単な事なのに、スカして誰もやらない。

歌舞伎もそうだが、内容を知らないと理解が難しい部分が、古典作品にはリスクとしてある。
更に、知らない奴らをバカにして進んで来たから、日本の芸術振興はどの国よりも遅れている。
芸術、つまり感性の教養は、豊かと言えない日本の教育方針。

大抵、すぐにわかる。
感性の教育をされて来た人は、殆どが裕福でなければならない。
そういう余裕無き、教養情況。

舞台演劇をやっている、という事を隠している役者は多い。
酷い言葉を言われるからね。

***
ゆきゆか姉妹はDUO(連弾)としても精力的に活動し、沢山の賞を得ている。
最初に見たリサイタルから本日、
ピアニストの風格が、ご立派で凄かった!

ゆきゆかの、父が前の席、母が隣に。
みたいなVIP席で、両親の緊張が身に染みた。
母はずっと両手を膝の上で合わせて、モニモニと手を落ち着きなく動かしていた。
<あぁ自分の事より緊張してるんだ。母、すごいですお疲れです。>と思う。

リストの「巡礼の年」シリーズいいわぁ〜。
リスト70歳作の「4つの忘れられたワルツ1番」の前に、演者ゆかチャンが解説をして、
「私にとっては最初に聞いた時に印象深い曲で、タイトルと逆に、<忘れられないワルツ>になりました」と言った。印象深かった。
【演者からの曲への想い】ってのも解説としては、いいよね〜。

もっと、クラッシックを広めなきゃね!

終演後。
買ったけどいつ着ていいかわからんワンピを、リサイタルモードで着用す。

でもヘンなかおアタシ?

私:「美人と撮るからいつも緊張するんだよ〜」
ゆか:「そう!いつも美人姉妹とか書くから〜!!」
私:「いいって。美人は言ったモン勝ちだから言わせといてよ!」

ゆきゆかのドレス、すごく素敵でよく似合っていた。

こんな見た目清楚で可愛らしいのに、ピアノを前にすると、すごく格好いいんだよ。
猛々しい、というか、
荒々しい、というか、
とても激しく、音でギュウギュウと熱く抱き締めてくれる。
力強く、音で抱き締める。

後半、背筋や腕がワワワーっと総毛だった。

ピアノ、スゴイ〜〜〜〜〜!!!!!

アンコールは、演者3人での連弾。
(ヘパリーゼのCMでも使用の有名曲を、ジャズ風にアレンジ)

クラッシック、もっと勉強しよっと。
いいものはずっといい。

日記な続編 | 00:01 | - | -| - |
私もあなたが大好き

茨城の親友Rから
「子供らが夜、<わかこちゃん帰っちゃったよ〜何か寂しいよ〜>って騒いでたよ。
よっぽど楽しかったんだね(笑)ありがとね!」
とメールをくれた。

バイバイした後、泣いた事。
皆が本当にいい子で大好きな事。
Rんちに行くと家族っていいなぁと心から思う事。
私もすごく楽しかった事。

を、伝えた。

夜半、
長女スー(17)から初メールが来た。
さらりとした、清く美しい水が注がれた気持ちになる。
彼女の方が、まるで大人だ。

<子供はただただ前向きな存在だから。>と、親友N子は言っていた。

家族の熱量は、半端ない。
愛の全てが、ある。

私もあなたを大好き、と言える場所が、ある。

日記な続編 | 00:00 | - | -| - |
女道、つづき

下記日記、メガ大盛況ヒット。
あんなん誰もよう言わんわ。(笑)

生理だって、スンゲー辛いんだぜよ?
毎月、オマタから意味不明にドクドク血が流れて、よくわかんねー上にメチャ腹が痛いんだわ。
しかも全身の筋肉さえも脱力する。ゆる〜。

市販の鎮痛剤は、欠かせない。
更に冷えも原因なので、貼るホカロンは夏でも欠かせない。(もち箱買い。)

だから、男性諸君は、とにかく全ての女性を大切にするように〜!!!!
(※私はその様に、弟をモテ男に育てました。)

私はいつでも女性の味方。
ずっと、そう在りたい。

そして、女性にモテた方が実は断然嬉しい。
(※残念ながら、ズーレーではありません)

だって異性より同性のがチェックが厳しくて、作ってもバレるからにん。

***
実は前作「グレ❤ティ」の探偵ミカミは、
私の<私好みの男像>では決してなく、私が<男ならなりたい男像>でありました。
だから、ミカミを誉められたり、感情移入されると、作品で一番嬉しかった。
自分の役が誉められるよりも、嬉しかった。

好みの男は、また違うらしい。
自分でも男の趣味が未だによくわからん。

+++
過去恋愛遍歴を知る、旧友Sチャンに、
「ワッコは、恋とか愛でなく『愛おしい』という愛し方をいつもするよ」 と言われた。
彼女は、16年前の私に
『貴女の愛の泉は、いつもジャバジャバ湧いている。』 と言った友達である。(笑)

『その泉に溺れて、ワッコの手足を奪った男もいたからね。」 とも言われた。
具体例を2・3挙げつつ。(笑)
まぁ。居たわ。

深いぜ。
女道は!

日記な続編 | 00:01 | - | -| - |
もっと春自覚

昨日よりも、もっと春の匂いがした。
これから、春がどんどんと図々しくなってくるのだろう。

今日は、ある種で、
夏までも彷彿とさせる、おびただしい春の軍勢。
そして時折、くしゃみ&鼻水。まさかの花粉症デビューでなき事を祈るのみ。

***
BDP(誕生日プレゼント)をまさかの今日、もらいました♪

同僚友のY・Mさまより。
[ガマラ・シークレット]という、イスラエル産の知る人ぞ人気の洗顔石鹸を注文してくれたそう。
もくもくと泡立てて洗い、しばらく置くとパックさえ出来るという。
進物を下さった方が、かなりの美肌&色白美人さんなので、効果に期待は大きいぞ!
肌管理が、かなりずさんなる私には、助かる美容の一品☆わぁい★

(あ。後ろのラガーは現在のBEER摂取量?)

日記な続編 | 00:00 | - | -| - |
やきもちやき?

昨日のつづき。

大親友N子のお話でR。
(ちなみにご主人H君はワッコブログユーザー♪いつもあんがと!昨日は子守りサンクスねパパ!)

宴もたけなわの、酔っ払いなる頃。
私が「最近さ、小学校面子とよく遊んでさ。スゴイ子供になれて妙に楽しいんだよ〜」
みたいな話をした。

我が母校は、小中高一貫教育。
私の中高の親友らは、殆どが中学時代で出来た友達がメインでした。
(小学校時代の自分が私はどうも嫌いで。やっと一昨年に同窓会に行った。)

***

何か、N子がその話になると、プンプン怒り出した。
意味が全くわからず、(ナンだ?酔った?飲み過ぎ?眠い?)と思いつつ、
よ〜くよく観察&言ってる事を分析してみると、
どうやら、やきもちをやいている。とわかった。(笑)

「私の方がワッコチャンを想っている!」とか、何故かカッカとして、めっちゃキレている。(笑)
可愛い人でしょう?

(え〜でも結婚出産子育てからは、ほったらかしじゃんけ〜?)と心で突っ込みつつ、
N子の私への愛情は、どうも、現役バリバリだったらしい。
と私は知った。

@@@@@@

元々、環境が変われば人はすぐ変るから、私は人に執着しない様に自分を変えていた。
<お前は、皆がお前を好きという状況を俯瞰(ふかん)しているな。>
と、精神病院理事長S君に、ついこの前に云われた。
俯瞰。ふかん?
意味がわからず、聞いたよ。「それはいい意味?悪い意味?どっち?」
彼は<いい意味なんじゃないの?>と曖昧に言った。
わかんねーよ!!!

**

高校を卒業してからも、
N子の愛情の深さは、本当に凄かった。
まさに、体当たり。ストレートに私の氷の心を爆破して、パワフルに温める力を持つ。
熱い愛の言葉も、今までどんな男に貰った事もない程、全て直球。
「目の色が好き」「声が好き」「手が好き」「手の動きが好き」「酔ってから香る香水の匂いも好き」・・・・
情熱的に愛してくれました。こんな私を。

+++

若い頃はいつもこんなんでした。(※かなり状況は酔ってます)↓

 瞥吉以上に毒舌王の私が、N子をからかってスゲー意地悪する。)
◆複了劼気瓩兇瓩筏磴出す。)
(他の友達が、見かねてN子を慰める。)
ぁ複了劼垢押七がって、もっと激しく泣きじゃくる。=他の友達では嫌らしい。)
ァ併妬なく私が慰める。)

Δ修靴董愛の営み?

私:「はいもういいからわかったから、泣き止みなって」(HUG)
N子:「ワッコチャンそんな事言っても、本当は私が好きなんでしょう?」
私:「うん。好きだよ。」
N子:「じゃぁちゅぅしてぇ!!!」
私:「はいはい。(KISS♪=フレンチ♪)こんでわかった?」
N子:「もっとしてぇ〜!!!」
私:「わかったよ。(凄く丁寧に抱擁&愛撫&KISS♪)・・ど?落ち着いた?(笑)」
N子:「ふ〜ん。うん。でも好きってもっと言って?」
私:「まだなの?(笑)Nチャン、君が大好きよ。(見つめて抱擁&KISS♪)ど?もういい?(笑)」
N子:「ん〜。・・・・・・眠くなった。(笑)」
私:「やっと?なら良かったよ。もう寝なさいってば。(笑)」

彼氏か!私は!(笑)

しかし、N子の拘りでは、
「皆、ワッコチャンが男だったら彼氏にしたいってよく言うけど、私は自分が男だったら絶対にワッコチャンを彼女にしたいから!皆とは全然意味が違う!」
と、豪語してくれている。(笑)

DEEPER LOVE❤

###############

N子の愛娘すず(4)は、パパH君の子守りで、いい子でネンネしてくれてたそう。ホッ。

でも、今日になってすずは、
【わっこちゃんに<アンパンマンミュージアム>行こうってって言っといて!!!】
って、プリプリしながら、N子に言ってたらしい。(笑)
私もすごく会いたかったよ。すず!

母も娘もやきもちやきさん。

二人ともすんごく可愛いよね?
H君!アナタはとても幸せすぎている男よ!どこまでも常に自覚してね!(笑)

いつもお別れの時、この世の終わりみたいに悲しそうな顔をする。すず。
私は子供騙しで<じゃ今度はアンパンマンミュージアム行こうね!>といつも言っていた。
覚えてるんだね。ちゃんと。

DEEPER&DEEPER LOVE❤❤❤

この愛の、どこまでもな深さを感じたら、
【いつ死んでも誰も悲しまないでしょ?】と言って、友人を怒らせてた私は、
【こりゃぁ、簡単にゃ死ねないなぁ?】と思ってしまいました。

愛を、ありがとう。
ちゅぅを、しないとね。

日記な続編 | 00:00 | - | -| - |
やっとホールケーキへ
やっとバース祝報を下さった友へ、全ての返信を終えた。
(多いのではなく、私の返信が遅いだけ)

言霊で、貧しいお腹が一杯になりました♪
とても、幸せ。
ありがとうございます。

そして、既に軽く自分の誕生日が面倒臭かったりして、気分屋さんで飽きっぽいB型状態。
いつ誰に、干されても可笑しくないほど、勝手極まりないのです。

面倒臭い時には、コージーコーナーに限る!(自分で買った。)
 
とりあえず、ホールケーキはやらねば誕生日は終えられぬ。

***
私は甘いものは別段に好きではない。(笑)

でも、甘いものが好きな人が、甘いものを好きな雰囲気がとっても大好きだ。
だから、旬の甘いもの流行情報には、実はかなり詳しい。
よくわからんアンテナをはってる?

甘いもの談義をする人間の、甘くないもの味覚レベルも勿論つぶさにチェックしてる。
TOTALで、
<甘くなくても、好き嫌いが多い奴の味覚はないに等しい!>と、私は考えています。

結構いるんだよ。いい歳して好き嫌いが多い大人。
私はすんごく格好悪いと思う。

そういう大人に限って、グルメみたいな話し方。挙句はこっちが食べてるモノまで否定。
(その鳥の皮、臭くないの?)(私は梅がダメ。よく食べれるね)
好き嫌いが多いのが、豊かさの証とでも思っているのか?
とても自慢気。

どんなに素敵なファッションの大人でも、私はすごくがっかりする。
(アナタの親は、アナタをどう育てたのよ?)と思う。

***

実は、私の母はかなり肉が嫌いらしい。(笑)
でも、ウチラ姉弟は、肉が大〜好きだ。
母が肉を苦手(臭い肉ね)だと私が知ったのは、10年前くらいかな?

これは、すごい愛なんだな。
きっと。

私は嫌いな食べ物は、ありません。
苦手なのは、火をとおしたレバーの臭さと食感のみ。(嬉しくも、石田サンと一緒♪)
ある店のレバニラだけは食べれる状況に、現在は進歩中。
塩辛も一昨年に克服した。

パクチー・ブルーチーズ・オリーヴ・柚子・ホルモン・ハーヴ・八角・エスカルゴ・・・ALL OK!
(蜂の子・いなごは未経験)

どんな国でも旅出来るぜぃ!
日記な続編 | 00:00 | - | -| - |
晴れるんダス。
 知る人ぞ知る(?)私は晴れ女。
あ。多分。あれ、弱気?いや、ホントに。

我が父が屈強の晴れ男であり、晴れ男の娘は雨女との噂もある。
まぁ、とにかくほぼ晴れるから、私は雨を全然気にしない。
アジア旅行じゃ、スコールは基本!
でもいつか絶対にパーっ!と晴れるんだもん。

私は思う。雨はこっちが気にすると、調子に乗ってわざと降る。違うかなぁ?そういう時ない?
森羅万象は、人の心と相似形をとる。
又は、森羅万象が、人の心に少なからず影響を受けているのやもしれぬ。
とにかく、『生きとし生けるものの全てが、絶対的につながっている』

ちなみに、これは、ワッコ哲学です。
ふっ。(スカす?)
キチガ〇なんで、そっとして置いて下さいネ・・・?(笑)
++++

とにかくドンドン降りの雨。
天気予報はバッチシ当りました。
もち、寝不足でふらふらなアタイ。(朝5時までDEEPなお悩み相談をしてた為?)

チェックアウト後に<この雨でどこに行くか?>と話し合う。
行く前にアレコレ悩むのは、かなり時間の無駄になる。
『プランは、殆ど考えた人をも、簡単に裏切る。』 (=これもワッコ哲学)
要は、現場では、対応とバイタリティと柔軟性・対応力と知識だけが、頼り。
特に、【勘】が一番大事だ。

旅先では「勘」が役に立ち、鍛えられる。
危ない所は世界には沢っ山あるからね。つまりは空気読み能力?
そこが楽しいし、得意分野なのだ。

@@@
雨宿りがてら、箱根芦ノ湖の「成川美術館」へ。
かなり雨で疲弊してたので、美術館内の、「展望カフェ」でお茶。

この展望カフェ、異常に居心地が良い。しかも窓際席。
芦ノ湖を見渡せる、少し高台にある。
2時間近く居たのか?って位に居心地が良かった。

いい意味で<変わったね>と言われた。<余裕がある>と。
ちゃんと、変われた形になってる。嬉しかった。

日本画の描き方を、連れに伝授したりしつつ、ゆっくりと館内を回る。
日本画って、油絵と違って、描くのすごく時間掛かって大っ変なんだよ?皆知らないと思うけどぉ!
実は、日本画家の全てを、尊敬しています。

***
近くのイタリアンで食事をする。
和食にちと飽きた頃。窓際の席で、お空のご機嫌をぢ〜っと伺っていました。

「あ!!!カタツムリだ!!!」(=カタツムリが大好き。実はナメクジも好き。すごく可愛い!)
嬉しそうに、でんでん虫が、外で歩いてた。
何だか、力が抜けて、ホっとした。

そこで、天気は晴れた。(笑)
芦ノ湖記念写真を、MY眼レフで撮って、すっかりご満悦な私。

「旅」と「芝居」は相似形をとる。
良い旅は、良い芝居と、とても似ている。
また、訪れたいと思える旅先を・・・!!!!!

###
箱根土産は、<ご黒うさん>っていう黒ゴマあんのお饅頭がオススメ。
超美味いし、評判もかなり宜しい。
アイ・レコメンジュー!
日記な続編 | 00:00 | - | -| - |
助清さんと白シャツとあやめ
明日、我が姉は、チームナックス観劇。
下手センターよりの3列目。¥45000−。である。(やはりおかしい。)
ついでに、昼間に20年ぶりに大学の同級生に会う。(そっちのが大事じゃないのか?)

石橋BROS.&SIS.では、ファッション・コンシェルジュは、昔から私ならしい。
何故か?姉も弟も、必ず「ここぞ!」って時は、必ず私にコーディネートの確認を頼む。
姉の10代初デートのコーディネートも私が担当した。
いいのか?

私は決してセンスよくはないぞ・・・?
かなり個性的極まりないが・・・?
「その服は一体どこで買ったの?」って常に聞かれるが・・・?

とりあえず、姉が考えた服装のバランスを整える。
バランス感覚だけは自信がある。
私:「そのコットンシャツの襟と袖口のゆがみが気になるからアイロンかけて。現れる時はそれでいく。同級生と食事して暑くなったら上のニットだけ脱いで。観劇は白シャツでOK。」
姉:「うんわかった。舞台からは、白が目立つんでしょ?」
私:「もちろん。広い劇場でも5列目までは完璧に観客の顔と表情まで見えるから大丈夫。」
(何が大丈夫?)

ネイルも真剣に塗ってあげた。
姉:「いいなぁ〜。人に塗ってもらうとそれだけでゴージャスだなぁ〜」
姉は嬉しそう。

姉はわざわざ買ったパックをする。
私:(爆笑)「あれ?助清さんですか?」(@犬神家の一族の白マスクの男)
姉:(無言で頷く)

白シャツにアイロンする、助清さん。

本気である。

****

昨日のよちこディレクター(D)さんからの返信。
頑張って良かった!って嬉しかったので、載せてまうで〜!


 『わっこさんの苦しんだりもがいたりがお客様のハートわしずかみだったんだとおもう。
よく、芸能では、ひっかかるやつが世に出るっていわれます

わっこさんのぼくとつな世界が剛力あやめって子の芸名級の胸にひっかかる!な、なんだこのキモチ!を聴取に残したんだと、Dとしておもいます。
ずっとOKがでなかったことや、答えがでなかったことが幸いしたのでは。

追伸、石田さんはオオトリのときに、わっこさんの笑い声に確実救われていたね。油がのりましたもの。お二人はきっとお互い助け合う縁なんだとおもいますよ。』


よちこさん、時折スゲーコエーけど、基本はええ人やね。(笑)
剛力あやめが出てはるで〜?!?!

そういえば、石田さんのオオトリ朗読の時に、私が「うはははっ」と笑った。
(客観的に見れば内輪ウケかよ!ってシチュエーションだろが、我慢したくないんで。)
よちこさんは私の腕をビシッとはたいて、突っ込んだ。
けど、自分も笑いを堪えていたゾ。

で、皆さんはラジオは聞けたんですか???(まだ問うか??)
日記な続編 | 00:01 | - | -| - |
変態さんなのかな?
 昨日の続き。

朝方、村田君が布団を敷いてくれた。
村田君:「はい。どうぞ。」
私:「え〜!一つ布団なの!嘘〜!前みたいに布団二つに分けないの?」
村田君:「その方がいいですか?」(布団を分ける)
私:「ちょと待て。よく泊まりに来る石原さん(=苦労した客演先の戦友)とも一つ布団なの?」
村田君:「そうですよ。」
私:「ア・・・そう。私は最近男おらんで、男も女も至近距離に居たら緊張して寝れん。ゴメンよ・・・」(=正直)
村田君:(笑)「じゃ、もっと飲みますか?」
私:「ぇ・・・う〜ん。(真剣に)・・・でももう飲めない。飲んでも近いと絶対寝れない・・・多分・・・」
村田君:(笑)「わかりました。」

昼前、村田君の携帯目覚ましで目覚める。
彼は、4回位消して寝ていた。寝不足にさしてすんません。

村田君は、シャワーに入り、パンツ一丁で出てきた。(笑)
「わ。パンツマンだ!」と、一応ツッコム!
一応、裸体の人間は直視しちゃ遺憾ので、私は見ないようにする。。。
弟もいつもパンツマンなんだけど、私は見ないもん。。。
(過去に舞台で、己は背面全裸などの裸体を披露したけど、それは別件的芸術でしょか?)

かなり目を背けているのに、村田君は、ずっとパンツマン。(笑)
これが、彼の至極、自然な姿に違いない。

(って?まだパンツマンなのぉ!)と、何度も何度も思いながら、
テキパキと布団を片して、昨日一緒に食べたカップラーメンの汁を捨ててる、
そんな、パンツマンの姿に、背中越しに「あ。ゴメン。ありがとね〜」と御礼だけはとにかくしていた。(笑)

ちょっと、もて遊ばれている。ワッコオバチャンでしょうか。
ちょっと、自分でもふとウケたけど。

また、語ろうね。
また、泊めてね。
でした!
日記な続編 | 00:00 | - | -| - |
宮城
 WS1期生の王子から、無事との連絡がやっと入る。

自分の地域は被害が少ないが、昨日やっと停電が解けたそうだ。
とにかく、無事で良かった。

最近。
そう。本当に最近。
王子が宮城の名産を沢山送ってきてくれてて。
「干し柿」「柚子砂糖」「米麺」「たけのこカレー」「たけのこ飯の元」とか沢山!!!

「何かお返しに送るよ!」って言うと、
王子は「【ふつうのつき・・・】の台本でいいです!映像もあったら嬉しいけど(笑)」って言ってた。
(去年のWS卒業公演に、宮城からたまたま観に来てくれて、終演後に「台本が読みたいです。」って言うから「じゃ送るよ!」って私は安請け合いで言っていた。)

そんでも、ものぐさなアタイは、ずっと、
お返しに王子が欲しいって言ってるコスモルのDVDと台本を送りそびれてた。

そんで、地震で。
宮城が心配で。
どうしてすぐにDVDや台本を送ってあげないのよ!って。
あんた、王子に何かあったらどうすんだよ!

こんな自分を何度も何度も何度も責めていた。

「干し柿なんか喜ばれないって思ったんですが・・・」っていう王子に
「ウチの母親は映画見ながら干し柿食べるのがノスタルジーらしく、すごい干し柿好きだって!」と言ってた。

今、DVD送ったらかなり空気読めない感じだけど。。。
でも王子が無事で本当に良かった。
神様、有難う。
日記な続編 | 00:00 | - | -| - |